流れるまにまに。

のんびり人の日々のめも。

【Azure】AzureRMS環境を構築する

AzureRMSを利用する機会があったので、メモ。
個人でAzureRMSを使う人なんているのか不明だけど、使ってみると本当に面白い技術だな。と。

(というか、個人でActiveDirectory使うのってどんな場面だろう。。。)

普段クラウドも使わないし、サーバーだってままならない人間には色んな刺激がありました。

というか、もっとAzure触りたいなぁ。。。


と、いうことでAzureRMS環境を構築するメモ!

環境構築が終わったら、AzureRMSのAPIを使ってアプリを作るよ!


目次というか流れはこんな感じ。

 

ちなみに、AzureActiveDirectoryは新ポータルからでも使用することができるけど、AzureRMSは旧ポータルからでないと使用できないので、全ての作業は旧ポータルで行う必要がありました。(2017年03月現在)
新ポータル:https://portal.azure.com
旧ポータル:https://manage.windowsazure.com 

 

1. AzureActiveDirectoryの作成

①Azureポータルにサインインする。
②左側のメニューから[ACTIVE DIRECTORY]を選択する。
③下メニューの[+新規]で新しいActiveDirectoryを作成する。。

f:id:piyomani:20170312023057p:plain

f:id:piyomani:20170312023223p:plain

 

ここで設定するドメイン名は、以降他の人が作成できなくなるドメイン名なので、テスト用の場合、「~~test」等にした方が無難。
本ちゃん環境で偉い人に指定された名前が使えない!ってなったら大変みたいなので。。。

 


2. AzureRMS有効化

①左メニューで[ActiveDirectory]を選択する
②[RIGHTS MANAGEMENT]を選択し、作成したActiveDirectoryを選択。下メニューで[アクティブ化]を選択。

f:id:piyomani:20170312024741p:plain


これだけ!

これでAzureのActiveDirectoryと、そのRIGHTS MANAGEMENTの完成!

 

 

ちなみに、通常のAzureアカウントだけではRMSの機能は使えなくて、

Azure Active Directory Premiumを契約しなきゃいけないので注意。

 

金無し、権限無しの私は、

VSのサブスクリプションに付いてる無料分Azureを使用して、

Azure Active Directory Premiumは30日無料試用版で突っ込みました。

忘れそうなので、その辺もメモっておこう!